仙台(宮城)一泊二日旅行記 2日目



2日目の午前は石巻へ。

三陸にも行ってみたかったが遠いのでとりあえず石巻を選択。

 

ただ駅についてびっくり、電車が一時間に一本しかない。

 

仕方ないので40分程まって電車に乗り石巻へ。

 

これ途中で腹壊して途中下車したら一時間待たなければいけないのだろうか、などと思い朝食は食べないでコンビニで軽食を買ったが、電車にはトイレも付いていたので安心でした。

 

石巻はやや閑散としていて、同じ電車で来てメインストリート?を歩いてるのも私の他に女の子2名だけでした。

 

石巻日日新聞のやっている「石巻NEWsee」は小さかったけども、震災当時に記者が手書きで書いて学校など人が集まるところに貼っていたという、手書きの新聞が6日?分貼られていて、文字の大きさや情報量が増えていく感じなど1日ごとに変化があり、現地の当時の状が伝わる貴重な資料だった。

書いた記者達のこんな言葉も紹介されていた。

「紙とペンさえあれば、新聞は出せる」

 

石巻NEWseeは石ノ森漫画館へ行く道の途中だけれども気づきにくいので是非注意して行って欲しい。前を歩く二人組は通り過ぎていった。

 

石ノ森漫画館の手前の建物でも震災の資料があり、一帯の当時の写真などが見れた。

 

石ノ森漫画館はちょっと世代的な問題もありわからないのでスルー。

入館料払わなくても見れるところがあるので興味があれば見てみてもいいかも。

館の裏口から裏の公園へ抜けれる。受付のお姉さんのコスプレも見れます。

 

中洲には公園と小さな協会が一つ。

公園は綺麗だったが果たして子供をここで遊ばせる大人がいるのだろうか?と少し疑問に。

ただ海(川?)面はとても穏やかで、まさか荒れて大津波が来るとは思えないだろうなと思った。

 

沿岸は全て工事されて綺麗になっていた。
f:id:Norip1:20180911204224j:image

わかりにくいけど中洲から撮った写真。

これで津波が防げるとは全然思えないんだけど。

 

その後は橋を戻って日和山公園へ。

行く途中とても坂が急で辛いな、と思ったけれどもこの坂のおかげで助かった人もいるのだと思うと、ありがたみも感じた。

 

日和山公園は高台になっていて街が見下ろせる。

そして見下ろせる街はほぼ全て津波にのまれたところだそうだ。

公園には震災前の定点写真が置いてあり現在の風景と比較できる。


f:id:Norip1:20180911204906j:image

 


f:id:Norip1:20180911205005j:image

7年経つので目に見える爪痕はないが、街の変わり様は伺える。

山は削られたのか崩れたのか。

震災前と比べればそうでもないが、それでもこれだけ建物があることに驚いた。

 

津波が来たらのまれる危険があるかもしれないのに建物を建てるのだろうか。私にはわからない。何らかの防波堤など対策が取られて今は安全になっているのかもしれないが。

新しくマンションを建てていて「何件成約済み!」とでかでかと書かれていたがそれもまた不思議だ。

外に住む私が言うことではないのかもしれないけれども。

 

不思議だったのは近くに立派なお寺がいくつかあり、この辺りも津波の被害にあっているのに綺麗に残っているな、と思った。もちろん当時は酷くて頑張って直したのだろうが。

 

7年たった今からでは当時の状況を空で想像するのは難しいなと感じた。

 

石巻は以上。色々な想いが沸いた。

ただ見に来ている人がとても少ないと感じた。日和山公園に来ているのも5人程でした。公園を降りていると外人が1人日和山公園目指して歩いているのを見た。海外からわざわざ見にきてもらえるのはありがたいことだと思った。

正直怖いと思う。ここに見に来ること自体が。私もどこか怖い気持ちがあった。地震はどこにいても危険があると思う。日本では。ただここは津波で被害を受けている。それにここでは地球の反対で起こったチリでの地震津波でも人が犠牲になっている。津波は地形的なものだし、あの震災を受けてからもう津波の被害は完璧に食い止められます、ってなってはいないと思う。それに自然災害相手だし予測は外れるかもしれないってのは身に染みてわかっている。

だからここで地震がきて津波が来たら危ないんだ、ってことを知ってるからこそ、ここには来るべきではないのかもしれない。

復興を目指しているんだからそんなこと言うなって人もいるかもしれない。

石巻も震災の被災地ではなく「漫画の国」として観光に力を入れているみたいだし、被災地であることを押し出すのは快いものではないのかもしれない。

ちなみにこの日の早朝にも地震で起こされた。この地にいることから普段よりも怖さを感じた。

多分この怖さ、怯えを感じることは生きるものとして大切なものなんだとわたしは思う。

 

あと一つ言いたいのは駅で配ってる まんぼうマップ という地図。非常にわかりにくい。メインのスポットがどこに位置するか分かるように書いて欲しい。地図の周りにメインの見所を載っけているが、住所が書かれているだけ。普通A-2とかってマップのどこか分かるように書くと思う。このマップじゃ難し過ぎる。

もう一つ気を付けたいのが帰りの電車も本数が少ないこと。時間には気を付けたい。わたしは全部で1時間半くらいで歩いてまわった。

三陸とかも含め震災の跡地を巡るなら車の方がいいかなと思う。

 

午後は松島へ。

 

お昼は南部屋牡蛎定食セットを。


f:id:Norip1:20180911212233j:image

味はまぁ普通。

カキフライは美味しかった。

 

途中お土産屋で宮城限定のウイスキー『伊達』が売っていて買うか迷ったけど荷物になるので仙台駅に売ってることを願い、買いませんでした。


松島はただただ綺麗でした。

五大堂は東北地方最古の桃山建築という事でなかなか味がありました。

建て直された歴史的建物って新しすぎて全然ありがたみを感じないのだけれど、こういうずっと当時から残ってる建物っていいよね!

 


f:id:Norip1:20180911212931j:image

 

その後は橋で渡って行ける浦福島へ。

クルージングも人気だと思うけど、前にケアンズでグリーン島行った時に船酔いした記憶が新しいのでクルージングは断念。

 

浦福島はなかなか広く、自然が残っていてここ道かよって道も多く、山登りに来たかのような気持ちになりました。

松島湾を眺められる見晴らしのよいポイントも多かったり、島の中の自然の浜辺みたいのもあり、オシャレな広場もあり、私が写真家だったら1日掛けて写真撮りたいなーって思いました。

あいにく下手くそなのでこんな写真たち


f:id:Norip1:20180911213550j:image


f:id:Norip1:20180911213617j:image

 


f:id:Norip1:20180911213628j:image


f:id:Norip1:20180911213639j:image

 

瑞がん寺の参道だけ通って仙台への帰路につく。

参道の木は津波で大分減ったらしい。

ただ松島の何百とある島が自然の防波堤の役割を果たして津波の勢いは10分の1まで抑えられたそう。

 

有名?なお寺が二つありましたが疲れていたのでパス。入場料700円はそんなに興味なくて疲労がたまっているものにはちと辛い。

 

帰って仙台で牛タン善次郎の牛タンラーメン


f:id:Norip1:20180911214155j:image

 

牛タンめちゃ柔らかかった。美味しかったけど牛タンがこの柔らかさなら普通の牛タン定食にすれば良かったかも?

個人的には醤油ベースではなくて、テールスープに麺入れただけのほうが美味しいんじゃないかなぁと思った。

 

仙台駅のみちのく酒紀行の日本酒自販機なるもので一杯100円で利き酒4種試飲。

日本酒自販機素敵過ぎる。発明したの誰?全国に設置して欲しい!(ちなみに越後湯沢には素敵なのがある)

 

水鳥記(みずとりき)『ひやおろし』が一番気に入ったので購入。あと宮城限定のウイスキー『伊達』も無事見つけたので購入。

お土産にずんだ大福買って仙台旅行終了!

 

1時間くらい時間余って帰りの電車早めようと思ったけどどうやらパックで申し込んだのは変更できないそう。

 

なかなかプラン的には一人旅にちょうど良かったです。

松島でお一人様は見かけなかったけど(苦笑)あそこは綺麗なのでカップルや友人とゆっくり楽しんでください。

 

以上!

仙台(宮城)一泊二日旅行記 1日目

あまり旅行にはいかないタイプだったのだけれども
働きはじめてお金も有給も増えてきたので旅行に行く機会が自然と増えてきた。

今回は宮城(仙台)に一人旅。
一人旅は今回がはじめて。

個人があげてる旅行記って結構参考になるよね。ってことで参考になるといいなと思いつつ記録。


そもそも、別に宮城に行きたかったわけでもなく、夏休み(有給)をとったけど直前まで何も計画してなかったため、出発2日前で申し込めて直前でも高くなくて~とか諸々消去法で宮城になった。
(旅行行くときは事前に計画立てて申し込みましょう)

宿泊+飛行機or電車 のパックで売られてるものでしか行かないのだけど、飛行機のものは5日前くらいから申し込めないものが多くて不便。もうちょっと旅行会社頑張って欲しい。直前まで予約できるのは需要あるだろうし売り上げにも直結すると思う。私みたいな無計画な怠け者は多いはずだし?


そんなわけでとりあえずガイドブックを携えて、
行きの新幹線のなかでにらめっこする。(無計画)

気持ち1日目松島行って、仙台2日目かなと事前に思っていたが、1日目の天候が雨だったため仙台に。松島は晴れのほうがいいと聞いたので。

で仙台。
9時過ぎに着。
ループル仙台というバスで廻るのが定番のようだが、あまり「伊達政宗の~」「政宗が~」などの歴史的建造物に興味はなく、
ガイドブック見てて気になったメディアテークという建物に行くことにした。

それほど遠くもないと思ったし、
時間もあるのでやっぱり歩いて回らないと!
とバスの一日券は買わず、歩いて行くことに。

途中朝市を横目に歩いていくと東北大を見つける。構内入ってみると


f:id:Norip1:20180911185226j:plain


魯迅先生!

教科書で読んだ気がする。確か医者だっけ…

あとでガイドブック見ると医者を志して来たが文学部に転部したとか。

正門付近には魯迅記念館がありました。可愛いオシャレな建物でした。ただ、入りにくかったので遠慮してしまった。


そして正門
f:id:Norip1:20180911185551j:plain

字ちっちゃ!控えめ過ぎる東北大学


駅からまっすぐ歩いていたはずが東北大学に吸い込まれたせいで私の方向感覚が狂い(もちろん気づかない)
歩き続けること?分

瑞鳳殿に到着


f:id:Norip1:20180911190256j:plain

なんでメディアテーク目指してたのに駅から90度くらい方角違う瑞鳳殿に来てしまったのか。
方向音痴に一人旅は辛いなと。

全然見る予定はなかったが不思議なことに着いてしまったので入場料払って見学。

ループル仙台の一日券があると入場料も割引されるそう。
なのでついでに、一日券買おうとしたら売り切れですって言われた。

なので割引もされずバスの一日券も買えず、あまり見る気もなかったのに辛い。

歩いて瑞鳳殿に来る人は注意(結構遠いので普通はバス使って来ると思いますが)

瑞鳳殿の中は個人的にはあまり見るところはなく。

観光客は多かった。あと雨の日だったので石の階段は滑りそうで怖かった。

戊辰戦争?か何かの慰霊碑があり、戦没者達を慰めるために伊達政宗の祀られる瑞鳳殿の隣に建てた~的なことが書かれていた。
仙台の人には政宗は拠り所だったのかなぁと。
ただ瑞鳳殿の中の建物は全て第二次世界大戦で焼けて今あるものは再建されたものだそう。
そんな心の拠り所にされてるところまで戦争で攻撃してくれなくてもいいのに、なんて思うところもありました。
人もそうだけど思いも文化財も残して欲しいので戦争反対。


次は歩き疲れたのでおとなしくバスで仙台城跡へ。

腹ペコだったので
日本料理「仙臺」でお昼。空いてた。
はらこ飯を注文。いくらが意外とおいしかった。

定番の伊達政宗像と高台からの仙台の街並みを見る。

金鵄鋳像はなかなか面白い形で興味深かった。
ただ地震で落ちてしまって本来の台座の上ではなく(安全のために?)台座の前に置かれていました。(そのように前の歴女が説明してたのが聞こえました)


中に神社がありましたが、やや右翼感が強いかなと。戦艦大和のミニチュア版の展示もやってるそうです。仙台城後の入り口にもでかでかと「美しい憲法を!」的な言葉が書かれていました。

ほぼお昼を食べただけで仙台城跡を後にし、バスで元々の目的地メディアテークへ。

途中美術館が二つあり、行ってみたかったのですが、月曜のためお休みでした。残念。

仙台旅行は月曜はオススメしません。

メディアテークも図書館が月曜のため閉館していました。が一番上の階は入れて、震災に関する記事を展示しているところがありました。

テレビなどで報道されなかった切り口での現地の様子や心情が書かれてる記事もあり、またメディアテーク自体も地震で被害を受けていて、その写真も見れました。

震災の時の写真を展示し続けるのは当時を経験した人たちからすれば辛いことでしょうが、それでも伝えていこう、忘れないようにしよう、とする姿勢に心打たれました。

東北大震災までに津波を伝える碑が何百もあったのに繰り返してしまった、だから私たちは伝えていかなければいけないんだ、
というような記事を読んで悲しくもなりました。

記事の写真も撮り忘れたし原文もはっきり覚えていないので、見に行ってみてください。

https://www.google.com/url?q=http://www.thr.mlit.go.jp/road/sekihijouhou/gaiyou.pdf&sa=U&ved=2ahUKEwjnq6zJ37LdAhXQfd4KHSGtCdEQFjAEegQIBxAC&usg=AOvVaw1m_2_tLeEYJ9tXCwEjJRbN

ここにあるように300の碑が津波の恐ろしさを伝えていたはずなのですね。


メディアテーク自体は綺麗でオシャレで静かでとてもgoodでした。

メディアテーク前の通りは彫刻も多いそうで公園までゆっくり歩こうと思ったのですが、どしゃ降りになってしまったので断念。

15時チェックイン開始のホテルに15時チェックインしました。

泊まったのは仙台国際ホテル

綺麗だしベッド広くて良かった。ただ、仙台あまり見るものなかったから近くの温泉地に宿取るべきだったなぁーとも。

シャワー浴びて仮眠した後は近くに住む弟を呼び出して呑みに。

酒の穴 鳥心

地酒の種類が豊富で値段も良心的でとても美味しかった。鳥料理はなかなかのもの。
利き酒形式で頼むと種類呑めてオススメ
店員さんも可愛かった。

ひやおろしの『萩の鶴』が一番美味しかった。

1日目はこれで終了。